最新の医療で大腸がん完治|投薬や外科手術によるがん殲滅作戦

医者

胃がんの治療方法

医者

胃がんを治療する際はそれぞれのがんの状態を確認し、がんの進行具合によって行なう手術を変更するのが一般的です。
初期状態の胃がんは内視鏡治療で切除するのが最適であり、それほど進行していないがんであれば内視鏡治療を行なうだけで完治することもあります。手術を行なう際に利用するのは内視鏡だけでなので傷などもできず、手術で痛みを感じることもありません。初期の胃がんを発症している方で治療に不安を感じている場合は、内視鏡治療によって安全に治療を行えるようにしましょう。胃がんには抗癌剤といった薬が効きにくいので、胃がんを治療するには直接がんを取り除く手術がとても有効です。放射線もほとんど効果が無いので、胃がんを治療する際は注意しなければなりません。

胃がんを治療する際は内視鏡治療を行なうのが最も便利ですが、進行した胃がんは内視鏡治療で綺麗に取り除くことはできません。
そのためある程度進行してしまった胃がんを取り除く際には、外科手術を利用するのが一般的です。胃がんの外科手術にはいくつものパターンが存在しており、がんができた部分によって利用する手術法が違ってきます。ある程度進行した胃がんを治療する際はそれぞれのがんの場所を把握し、最も効果的にガン治療を施せる手術パターンを選ぶようにしましょう。また胃がんの切除を行なった後に胃の再建手術を行なえば、以前と同じように快適な生活を楽しむことも可能となります。胃がんの治療後はそれぞれの生活を楽しく過ごせるようにするために、胃の再建手術なども受けるようにしましょう。