最新の医療で大腸がん完治|投薬や外科手術によるがん殲滅作戦

医者

がん検診の重要性

病院

日本人の死亡原因

1980年ごろから、日本人の死亡原因の第1位はがんである。近年、がんの中で死亡数が多いのは、男性においては、1位が肺がん、2位が胃がん、3位が大腸がんとなっている。一方、女性においては、1位が大腸がん、2位が肺がん、3位が大腸がんと報告されている。発症の原因は、遺伝的なものや後天的なものなど様々であるが、肺がんにおいては喫煙習慣や大気汚染物質などの周辺環境が発症リスクを高めているといわれている。肺がんは、肺の一部の細胞ががん化したものであり、進行するにつれて周辺組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れにより全身に広がっていく。肺がんの症状としては治りにくい咳や息切れ、声がれなどがあるが、他の呼吸器疾患の症状と似ているため区別がつきにくい場合が多い。

定期健診による早期発見

肺がんの発症原因として、最も明確になっているものが喫煙である。肺がんのリスクを表す指標として喫煙指数というものがあり、1日の本数×喫煙年数で表される。この喫煙指数が600以上であれば肺がんのリスクが高いといわれている。また、喫煙の習慣がなくても、周囲のタバコの煙を吸う受動喫煙により発症リスクが高まることも明らかになっている。禁煙によって肺がんを予防することは効果的であるが、定期健診による早期発見と早期治療を心がけることが重要である。定期健診としては胸部X線による方法や、より精密に調べる場合CTスキャンによる方法もある。現在では診断技術や治療方法の進歩により、肺がんの早期発見と早期治療が可能となり、確実に死亡リスクを減少させることできる。